エンタメ・著名人

どうする家康CGしょぼいし多いのなぜ?担当は誰?

どうする家康CGしょぼいし多いのなぜ?担当は誰?
Pocket

この記事では、ドラマ『どうする家康』のCGについて紹介しています。

NHK大河ドラマ『どうする家康』で、2023年1月8日の初回放送が低視聴率だったことが注目されていますよね。

その理由に、「CGがしょぼいし多い!」という意見が多いということが分かりました。

そんな不評の多いCGですが、誰が担当しているのかも気になります。

そこで今回は、

  • どうする家康CGの馬がしょぼい&ひどい?
  • どうする家康CG多いのなぜ?
  • どうする家康CG担当は誰?

これらについて、『どうする家康CGしょぼいし多いのなぜ?担当は誰?』と題してまとめてみました。

 

どうする家康CGの馬がしょぼい&ひどい?


NHK大河ドラマ『どうする家康』のCGがしょぼい、ひどいという意見が多いのはなぜなのか、気になりますよね。

NHK大河ドラマ『どうする家康』が、2023年1月8日に初回放送を迎えました。

松本潤さんが主演を務めることから、高視聴率が期待されていましたが、歴代ワースト2位という視聴率の結果になり話題になっています。(参考:東スポWEB)

具体的にどのような意見があるのかというと…

このように、CGに対しての酷評が圧倒的に多いことが分かりました。

そこで、CGについて調べてみると『どうする家康』は、VFXという技術を使用しているようなのです。

VFXとは、映像作品において現実では見られない画面効果を実現する技術。合成処理によって実写映像を加工すること。(参考:Wikipedia)

CGとVFXの違いは、1からモノやキャラクターを作り上げていくのか、実際にあるものを加工していくのかです。

『どうする家康』のCGの馬は、実際の馬の映像を加工して作られているということになります。

大河ドラマは昔の時代を物語にし、ドラマ化しているものですよね。

ですから、CGのような現代的な要素を取り入れると違和感を覚える方が多いようです。

そのような違和感から、ひどいやしょぼいという感想をもつ方が多いと考えます!

いい技術を使用していることにはなりますが、かえって高度な技術が違和感を与えてしまっているのでしょうね。

とはいえ、大河ドラマの戦のシーンなどは実際に再現するのには限度があります。

うまく視聴者の目に馴染むように演出を行わないと、視聴率に影響が出てしまうんですね(><)

 

どうする家康CG多いのなぜ?

NHK大河ドラマ『どうする家康』のCGが多いのはなぜなのでしょうか。

調べてみると、2つの理由が影響しているということが分かったので紹介していきますね。

 

動物への影響

CGが多い1つの理由として、撮影による動物へのストレスを与えないようにするためということが分かりました。

これは、『どうする家康』の公式Twitterでの投稿にも書いてあります。

撮影による動物たちへのストレスは人間には分からないですが、きっと相当な負担になるのでしょうね。

動物たちを思ってのことだったら、少し納得できますね(><)

とはいえ、乗馬するシーンが多いため違和感だったり不自然さだったりが目立ってしまいます。

そのため、視聴者はCGの多さに敏感になってしまうのでしょうね。

 

天候の影響

ここ数年の大河ドラマでは、撮影が天候に左右されることが実際にあったようなんです。(参考:デイリー

気象温暖化が進んでいる現代(2023年1月19日時点)では、急な台風や酷暑が多いですよね。

そのため、撮影スケジュールを立てることが難しく、なかなかロケが進まないことがあるようです。

また、大河ドラマは戦のシーンが多く、大規模なセットと大勢のスタッフ、キャストが必要になります。

そのような撮影が中止になってしまうと、いろいろなことへの影響がとても大きいのでしょうね。

急な雨でセットが台無しに…なんてことを想定すると、CGが多くなってしまうことも理解できます(><)

 

どうする家康CG担当は誰?

CGの多さが不評のNHK大河ドラマ『どうする家康』ですが、CGの担当は誰なのでしょうか。

『どうする家康』で制作統括をしているのは磯智明さんです。

磯智明プロフィール
  • 名前:磯 智明
  • 読み方:いそ ともあき
  • 年齢:57歳
  • 出身地:東京都
  • 出身大学:一橋大学
  • 過去の受賞歴:文化庁芸術祭優秀賞、ギャラクシー賞、モンテカルロ・テレビ祭優秀賞、アジア太平洋放送連合賞など

磯智明さんは日本のテレビプロデューサーで、2012年1月8日から放送されたNHK大河ドラマ『平清盛』でも制作統括をしています。

調べてみると、どうやらNHK大河ドラマ『平清盛』のときも映像に不評があったようなんです。

当時(2012年1月8日~12月23日時点)の意見を調べてみると、「映像が暗い」、「映像に違和感を感じる」といった声がとても多かったです。

また、『平清盛』の平均視聴率が12.0%で、当時(2012年12月23日時点)では最も低い視聴率となっています。(参考:Wikipedia

『どうする家康』と『平清盛』を担当している人が同じ人なのであれば、『どうする家康』のCGが不評の理由も納得してしまいますよね…。

 

どうする家康CGまとめ

NHK大河ドラマ『どうする家康』のCGや担当している人は誰なのかについて紹介しました。

CGがしょぼい、ひどいと言われている理由やCGがなぜ多いのかなど少しでも理解できましたでしょうか。

理由を知ると、CGの見方が変わってくるかも知れませんよね!

現段階(2023年1月19日時点)では低視聴率となっていますが、『どうする家康』は豪華なキャストの方々が揃っています。

キャストの方々の演技力と最新技術のCGに注目して、今後の視聴率に期待してみましょう!

『どうする家康CGしょぼいし多いのなぜ?担当は誰?』を最後までご覧いただきありがとうございました。

Pocket