政治・ニュース・お役立ち

岸本周平の妻は女子アナ?子供や父親など家族についても調査!

岸本周平・妻・子供・親・家族・和歌山県知事選挙
Pocket

2022年11月の和歌山県知知事選挙に出馬するため、9月1日に衆議院を辞職した岸本周平さん。

岸本周平さんは2022年9月現在66歳ですが、結婚されて子供はいるのでしょうか?

どんな父親や母親に育てられたのか?など、家族について気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで当記事では

  • 岸本周平さんの妻
  • 岸本周平さんの子供
  • 岸本周平さんの父親と母親

について、調べてまとめています。

なんと、岸本周平さんはバツイチで再婚相手はNHKの人気女子アナでしたよ!

詳細は記事内でご紹介していますので、是非最後までご覧ください♪

 

岸本周平は再婚で妻は女子アナ!

岸本周平衆議院議員は結婚しているのか調べてみたところ、結婚していたものの2005年に離婚、その後2013年に再婚していました。

この再婚相手が、なんとNHKの女子アナ・飯田香織さんでした!

岸本周平衆議院議員の妻・嫁飯田香織はどんな人なのか?馴れ初めなど見ていきましょう。

 

岸本周平の妻・飯田香織はどんな人?

結婚当時の2013年、飯田香織さんは43歳で、NHKで有働由美子アナと共に“独身大物”と言われる、仕事ができる&人気の高い女子アナでした。(※正確にはアナウンサーではなくキャスターというらしいですが…)

それが、57歳でバツイチの民主党・岸本周平衆議院議員と結婚したということで、当時はかなり話題になったようです。

↓2013年当時の画像がありましたが、可愛いと綺麗の間で、人気があるのもうなずけますね❤

岸本周平氏の妻・飯田香織さんは、幼少期から小学校卒業までアメリカで過ごし、慶應義塾大学法学部卒業後、記者としてNHKに入局という、素晴らしい経歴の持ち主です。

NHKでは旧経団連、旧通産省、財務省などを担当、ワシントン支局特派員なども歴任した後、テレビニュース等(Bizスポ・Bizプラス)にも出演するようになっています。

日曜夜の経済情報番組「Biz+サンデー」で人気が高まっていた頃に、岸本周平衆議院議員と結婚しています。

 

馴れ初めは?

(↑再婚する前年の岸本周平さん)

結婚する10年位前、岸本周平さんがまだ財務官僚だった頃に、飯田香織さんがNHKの財務省担当記者として出会ったそうです。

その当時は、岸本周平さんは結婚していて奥さんもいるし、特に何もなく、飯田香織さんもワシントン支局特派員となり、接点はなかったようです。

岸本周平さんは、2005年の郵政選挙に出馬を決めたことで、出馬に反対していた妻と離婚しています。

東大卒でエリート官僚の旦那さんが、衆議院選挙に出馬するとなれば、生活は一変しますから、反対する妻の気持ちもなんとなく分かるような気も…

2010年、飯田香織さんがワシントンから帰国し、岸本周平さんと食事やお酒を飲む間柄になり、付き合うようになったんだとか…(最初にどっちから誘ったのか気になりますね❤)

そして、前述したように2013年に結婚し、2022年現在も結婚生活が続いています。

ただ、岸本周平さんの妻・飯田香織さんは、2017年7月からNHKロサンゼルス支局長になっているので、アメリカと日本で別居生活?単身赴任?されていたんでしょうね。

↓2018年の飯田香織さんのリポート動画がありました。

さすがに帰国しているはずですが、2022年現在の部署などは情報がなく分かりませんでした。
でも、経歴を見る限り、NHK内で凄く出世してそうだよね★

 

岸本周平の子供は?

岸本周平さんに子供はいるのでしょうか?

飯田香織さんとの結婚報道の記事の中に、岸本周平さんと飯田香織さんが初めてであった頃は「夫人と子どもがいた」と書かれているので、前妻さんとの間にお子さんがいるようですね。

ただ、前妻や子供さんに関する情報はこれ以上なく、詳しいことは分かりませんでした。

ですが、前妻と離婚したのは17年前で、岸本周平さんが49歳の頃ですから、お子さんは既に成人しているでしょうね。

 

岸本周平の父親や母親は?

岸本周平さんの両親はどんな方だったのでしょうか?

母親については全く情報を見つけられなかったのですが、父親については岸本周平さんのブログやTwitterに登場することがありました。

 

 子供の頃に、親から、いろんなことを教わります。私の父親は子育ては厳しかったです。手加減をしていたとは、後年言ってましたが、毎日、体罰をくらってました。いわゆるゲンコツ親父でした。

父はルソーの「エミール」を教科書に子育てしたものですから、3歳までの子供は家畜と同じです。でも、おかげで、ぐれずに育ちました。今は、感謝していますが、子供の頃は、親父が怖くて、怖くて、、、、。

(引用元:https://shuheikishimoto.jp/)

岸本周平さんの父はかなり厳しく、ほぼ毎日体罰を受けながら育ったそうです。

昔は珍しい事ではなかったのでしょうが、3歳までは家畜と同じって言葉にビックリしました(><)

また、幼いころから、ことわざや古い歌など難しい言葉を使って諭されていたそうです。

お父さんもかなり博識の方で、そんな教育を受けてきたからこそ、東大から官僚へと超エリートコースを進む秀才に育ったんでしょうね。

 

岸本周平さんのお父さんは、第二次世界大戦時には戦地で大変な経験をされていたようです。

戦争の悲惨さを聞いているでしょうから、反戦の意識が強い方かもしれませんね。

2012年に92歳で他界されたとのことですので、父親は1920年生まれですね。

岸本周平さんは1956年生まれですから、36歳の時の子供ということですね。

 

↑このツイートからすると、岸本周平さんの伯父さん(父親の兄)が宮崎県で創業し、お父さんも一緒に働いていたみたいですね。

お父さんの実家も和歌山県という事ですので、宮崎というのがちょっと不思議な感じですが…

岸本周平さんは父親をとても尊敬しているように感じました。

 

岸本周平の家族まとめ

岸本周平衆院議員の妻や子供、父親など家族についてご紹介しました。

まさか奥さんはNHKの人気キャスターで再婚だったとはしらず、かなりビックリしました!

公私ともに充実していそうですね。

岸本周平衆院議員は、2022年の和歌山県知知事選挙で新たな和歌山県県知事になるかもしれませんね。

今後の動向を見守りたいと思います。

Pocket